滋賀の工務店がつくる木造軸組み工法

subpage01

滋賀の工務店の魅力は、伝統技に熟練した大工が存在していることです。熟練した大工により、日本の伝統木工法の流れを汲む、木造軸組み工法の家が建てられます。

木造軸組み工法と、床に根太を使わない剛性の高い床の併用によって、地震に強い家ができあがります。

ハウスメーカーが木造軸組み工法を用いずに2×4工法を好んで用いるのは、大工の確保が難しいからです。


2×4工法は工場でつくったパネルを現場まで運んで、組み立てるだけでできあがります。
そのため、熟練した大工の腕は要らず、単純技術者だけで施工が可能です。
木造軸組み工法が2×4工法よりも優れている点は、耐久性です。


2×4工法はせいぜい50年程度しか持たないのに対して、木造軸組み工法の住宅は100年以上の耐久性が期待できます。しかし、屋根を信頼のおけない材料でつくったのでは長持ちしません。



滋賀で工務店に家を依頼する場合は、瓦屋根を使った方が長持ちします。



瓦屋根はカラーベストやアスファルトシングル、ガルバリウム鋼板などと比べて長持ちします。



滋賀の工務店に住宅を依頼する場合は、どんな家を望んでいるのかを、明確に伝える必要があります。
工務店はハウスメーカーと異なり、標準的な設計仕様を持っていません。
その分、自由な設計が可能となりますが、どんな家をつくりたいのかがはっきりしないと、良い家はできません。


どんな家をつくったほうが良いかは、過去の家族の生活を思い起こせばはっきりします。住宅は家族の生活のためにあるので、家族の生活とかけ離れたプランは、うまくいきません。